コラーゲンと生コラーゲンの違い?

こんにちは♪

Beauty Salon Lino渋谷店 木村です!

今回は皆さんが耳にしたことはある
『コラーゲン』と『生コラーゲン』の違いについてお伝えします!

まず、『生コラーゲン』について
生コラーゲンとは、加熱処理をせずに、本来の性能や構造を保ったままのコラーゲンの事!
生コラーゲンは人の肌にあるコラーゲンと同じ3重らせん構造になっていて
周囲の水分をぎゅっと掴んで離さない肌の構造となり、保湿効果が高いと言われています!

次に『コラーゲン』について
コラーゲンとは、生コラーゲンを熱処理したもの。
熱処理を行うと3重らせん構造が崩れてしまいます!
3重になっていたものが1本ずつになり、ゼラチンコラーゲンになります。

次に『加水分解コラーゲン』について
加水分解コラーゲンとは、一般的な化粧品やドリンクに使用されます。
ゼラチンコラーゲンを酵素などで分解し、小さくして水に溶けやすくしたものです。

3つのコラーゲンに分かれます!
生コラーゲン美容液の保水力は加水分解コラーゲンの6倍もあると言われています!
・肌の潤い
・みずみずしい肌
・ふっくらした肌
そして、長時間維持することが出来ますので是非お試しください!

関連記事

  1. 実は逆効果! シートマスクをする時のNG行動④

  2. お目元気になり出したら集中ケアで回復を!

  3. 自粛疲れに!5月のリフレッシュキャンペーン☆

  4. 首や肩のコリ、頭痛に効くツボ

  5. 毛穴の開きには〇〇〇が原因?!

  6. 女性ホルモン