夏本番!7月のスキンケアはここを気をつけましょう♪♪

皆様こんにちは♪♪Beauty Salon Lino渋谷店、山崎です(^^)

気温もぐっと上がり、紫外線量も最も多くなってくる 7月!!
紫外線対策をしっかりしているつもりなのに、なんだか顔がくすんで見え、ごわつきを感じることも。
また、春から紫外線量が徐々に増えてきており、ふと気がつくと顔に薄いシミがでてきて目立たないかヒヤヒヤ…!!

7月のスキンケアで気をつけるべきポイントをおさえ、透明感のある健康な美肌を取り戻しましょう!

●7月に気をつけるべきこと●
梅雨が終わり7月は、1年の中で最も紫外線量が多くなる季節です。

日が昇りはじめ、12時頃にUV量が最も多くなり、日が沈むにつれて少なくなります。
この時期は、紫外線対策として塗るタイプの日焼け止めや、紫外線を浴びた時に発生する活性酸素対策として抗酸化作用のある食事やサプリを意識的に摂取したり、日傘や帽子を活用して紫外線防止をすることが多くなると思います。
しかし、意識をして紫外線対策をしているつもりなのに、顔がくすんで見えたり、ごわつきを感じたり、肌悩みがでてきてしまったりも。
7月のスキンケアで気をつけるのはしっかりとした知識に基づいた紫外線対策と、それ以外にも落とす、補う、促すということに着目をしてみましょう。

予防⇒落とす、補う、促す!

■予防
紫外線対策は、正しく行えていますか?

朝の外出時に、日焼け止めを塗って安心してしまってはいないでしょうか?
SPFで塗らない時と比べてどの程度長く防止ができるかなどが分かりますが、SPF値が高いものを塗れば1日安心ということはありません。
日焼け止めは塗った時が1番効果を発揮します。
朝の外出時に塗った時、その後どんどん効果は低下していきます。
また、洋服などでこすれて落ちてしまったり、汗で流れてムラになってしまうこともあります。

特に、紫外線量は12時をピークに多くなります。

お昼頃、再び外にでる場合は上から塗り直しをしたほうが安心です。
なかなか塗り直しができないという場合は、SPF値だけでなく汗や水にも強いタイプをしっかりと塗っておきましょう。

顔の場合は、液体のものをメイクの上から塗ると化粧が落ちてしまいます。
よって、プレストされているパウダーや、スプレータイプで対応しましょう。

メイクの上から使用しますが、肌が敏感になっている方は紫外線吸収剤フリーのアイテムの方が日焼け止めによる肌トラブルも感じにくいでしょう。

塗り直す時は、顔の中心だけだなく紫外線のあたりやすい頬骨などの顔の高い位置やフェイスラインなども塗るようにしましょう。見逃してしまいやすい箇所ですが、紫外線がよく当たりシミができやすい場所でもあるので注意しましょう。

■落とす
冬から梅雨、そして夏と季節が移り変わり、肌が敏感になっているのがこの時期です。
特に、皮脂と汚れが混ざり合ってしまい、落としているつもりでも汚れが落としきれてないことも。

また、紫外線や摩擦などの刺激が過度に加わることで肌を守ろうと角質を厚くしてしまいます。

こうなると、角質肥厚といって古い角層が溜まってしまっている状態になります。
毛穴部分を塞ぎ、皮脂の排出がうまくできず汚れもたまり、肌荒れやニキビを引き起こしたり、メラニンの排出ができずに顔全体がくすんでみえたりシミになってしまうこともあります。

角質肥厚を防ぐには、紫外線対策や摩擦に気をつけるだけでなく、日々のクレンジングや洗顔も重要です。

肌がごわついたり、くすんで見えるということで過度に洗浄力が強いものや、刺激が強いものを使うと、これも肌にとっては負担になります。
その日の汚れはその日のうちに落とすことを日々行なっていきましょう。

クレンジングや洗顔は、汚れが落ちるのは当たり前で、その上メイクへの馴染みがよく時間をかけずに落とすことができ、顔を擦らず馴染ませることができ、綺麗に素早く流し落とすことができるものが理想です。
また、洗い上がりがつっぱらないものを選ぶといいですね。

洗い上がりはさっぱりなのにモチモチ、肌のくすみが払拭された透明感ある素肌へ導きます。

■補う
この時期は汗や皮脂で肌の乾燥をあまり気にかけなくなってしまいます。
しかし、肌のモイスチュアバランスは美肌の基本です。潤っていない肌は紫外線の影響も受けやすくなります。
紫外線を浴びると、どうしても肌は乾燥しやすくなります。
そこで、朝晩のスキンケアは冬同様、保湿を意識しましょう。
また、補う保湿はスキンケアだけではありません。
暑いと汗をかき、その分体から水分が排出されます。
面倒だからといって水分補給を適当に行わず、しっかり水を摂取しましょう。
水を摂取することで老廃物も流れやすくなり巡りのいい体になります。

■促す
予防していても紫外線を浴びてしまうこともあります。
また、「健康」という観点からは全く紫外線を浴びないというものいかがなものなのかという意見もあります。
しかし、「美容」という観点から考えると紫外線を浴びてシミなどのトラブルは招きたくありませんね。

紫外線を浴びてメラニンが生成されると、通常はターンオーバーサイクルによって角質まで到達し皮膚からはがれ落ちます。
しかし、ターンオーバーサイクルが乱れているとうまく排出も行われません。
そこで、排出を促すようなケアを併用してみましょう。

薄いシミが気になる部分には、還元作用のあるビタミンC誘導体配合アイテムなどを活用しましょう。
また、排出を促す為にターンオーバーを正常なサイクルとする為に内側からもビタミンなどの栄養を摂取したり、それが肌まで運ばれるような体つくりをしていきましょう。
7月は天気もよく、イベントも多い季節です。

充実して楽しく過ごす為に、綺麗で健康な肌を維持できるようケアをしていきましょう♪♪


関連記事

  1. 【塗る再生医療】コース!ここがすごい!

  2. スマホぐすみ改善

  3. Tゾーンのテカリでメイクがグチャグチャになっていませんか?

  4. ホームケアが大切!第1弾

  5. 新商品!!プラセンタ化粧品のご紹介☆

  6. 目の下のクマ解消をサポートする食材とは?黒クマ