目の下のクマ解消をサポートする食材とは?茶クマ

こんにちは😃beauty salon Lino渋谷店です。

茶色いクマはメラニン色素

茶色い色をしたクマは、メラニン色素の発生で生まれた可能性が高いです。紫外線を浴びて日焼けしてしまったり、アレルギーや花粉症で目を擦ったりすることが多い人ほど、目の下がメラニン色素で茶色くなりがち。

クマと言うよりは色素沈着に近く、角度を変えてもあまり色に変化が見られません。

メラニン色素はお肌のターンオーバーを促し、少しずつ排出を促すに限ります。

  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • ビタミンB2、B5
  • ビタミンE

など、とにかくビタミンを中心に摂取してメラニン色素を抑制していきましょう。

日焼け対策も。茶色いクマに有効的な食べ物

目の下の茶色いクマは、日焼けや色素沈着のあらわれ。これに対処するということは、美肌効果と直結します。

ブロッコリー…可能ならスプラウトも

ブロッコリーは野菜の中でもトップクラスのビタミンC含油量を誇る野菜。色素沈着による茶色いクマにも力強く働きかけてくれます。サラダやスープに入れて、他の食材と一緒に取り込みましょう。身体の内側からできる紫外線対策の一つです。

また、ブロッコリーを発芽させたブロッコリースプラウトは、通常のブロッコリーよりも高い栄養価を誇ります。スプラウトには紫外線ダメージを和らげる成分が含まれていることも特徴。

ブロッコリーやブロッコリースプラウトで、身体の内側から紫外線対策をしましょう。

ピーマンもしくはパプリカ

カラフルで見た目が華やぐだけではなく、ビタミンCの含有量が高いピーマンやパプリカ。色素沈着になりやすいメラニンを分解させ、茶クマの撃退に一役買ってくれます。

他にもビタミンEやカロテンなど、抗酸化作用を持っていることでも有名。栄養価の面で言えば、ピーマンよりもパプリカの方が上です。

もちろんピーマンでもOKですが、用意できる場面であればパプリカも積極的に食べてくださいね。サラダにスープに肉料理に、オールマイティに使える食材です。

レモンもしくはいちご

レモンやいちごにもビタミンCがたっぷり含まれています。美白効果を狙って茶色いクマを予防・緩和するのに最適ですよ。

ビタミンCは一定以上を摂取すると大概に排出されるので、1日に数回に分けて摂取しましょう。

食事でビタミンCの豊富な食材を使ったのであれば、間食にレモンやいちごを使うのがおすすめ。いちごはデザートに最適ですし、レモンはスライスして紅茶や水に浸すと美味しくいただけます。

このような食材を積極的に取り入れて、クマを改善することはすっぴんに自信が持てるようになるだけでなく、体調を整えて元気を取り戻すことも意味します。

関連記事

  1. コラーゲンと生コラーゲンの違い

  2. ご来店お待ちしております!!

  3. 本日13日(土)の空き状況♪♪Lino渋谷店

  4. 死海のクレイパック

  5. 青クマの特徴について

  6. 実は逆効果! シートマスクをする時のNG行動①