目の下のクマ解消をサポートする食材とは?青クマ

こんにちは😃beauty salon Lino渋谷店です!

目の下のクマは、寝不足だけが理由ではありません。栄養不足や体調不良、ホルモンバランスの乱れ、加齢…身体のあらゆる変化が目の下にクマを作っています。

身体の調子を整えることで目の下のクマに対抗できますが、それには食生活を見直したり、クマの色をチェックするのが効果的。

目の下のクマを予防・緩和するのに効果的な食べ物は何なのか、選び方や活かし方についてご紹介致します。まずは青クマからです。

青いクマは血行不良

目の下のクマが青い色をしているのは、血行があまり良くない印です。血流が滞っていて身体が冷えやすくなっていたり、ちょっと貧血気味だったりといった症状が見られがち。

血行不良による青いクマには、こんな栄養素が必要です。

  • 鉄分
  • 葉酸
  • アントシアニン
  • ビタミンE

ほうれん草…鉄分・葉酸◎

ほうれん草は貧血のときの心強い食材として有名ですよね。ほうれん草には造血作用を持つ鉄分や葉酸に加えて、ビタミンB群も豊富に含まれています。青クマの撃退にはぴったりの食材。

鉄分の吸収をサポートするビタミンCも含まれていますから、貧血を防いで青クマを始めとする体調不良を予防してくれますよ。

実は身体の細胞が老化するのを防ぐ「抗酸化作用」を持つβカロテンもほうれん草には含まれています。アンチエイジング効果も期待できるということで、黒クマの予防にも心強い味方になってくれますよ。

ひじき…鉄分豊富

ひじきも鉄分が豊富なことで有名な食材。青クマができたときの体調不良に立ち向かってくれます。

煮物サラダ、ハンバーグなど…ひじきは他の食材とも組み合わせやすい食材ですから、他のクマに効果的な食べ物と組み合わせたり、いつもの食事にプラスしたりして、日常的なクマ予防・緩和を実現します。

肉類…レバー、内臓類など

タンパク質不足や鉄分不足は、貧血を招く要因の一つです。肉類を積極的に食べて体力をつけ、造血作用を促しましょう。

豚肉・牛肉・鶏肉を積極的に食べてタンパク質を補ってください。中でもレバーやアキレス腱、舌などの内臓系の肉類は鉄分が豊富です。

レバーなら鶏レバーがおすすめ。もちろん無理に苦手な肉を食べるよりは、毎日無理をせずに食べられる肉類で体力をつけ、貧血を予防する方が効果的。

貝類…あさり、しじみ

あさりやしじみにはビタミンB12が含まれています。ビタミンB12には赤血球を作り出し、血流をサポートする働きがあるため、貧血を予防したいときにおすすめです。

温かい味噌汁にあさりやしじみを入れて飲むと、身体を温めて血流を促せますよ。他の食材と合わせてパスタの具にするなど、レシピとして使いやすい食材でもあります。

アスパラガス…ビタミンB補給

鉄分に加えてビタミンB群、葉酸が含まれているアスパラガスは、貧血時の体調サポート食材として優秀。「ルチン」と呼ばれるビタミン物質は、抗酸化作用も持ち合わせています。

他の野菜と一緒にサラダやパスタを作ったり、ベーコンと合わせて一緒に肉類を補給するなど、クマ対策として活かしやすい食材です。ただしアスパラガスは小さく切って茹でると水溶性ビタミンが溶けだします。茹でるときは長いままで茹でて、その後で小さく切り分けましょう。

ナッツ類…おやつに最適

ビタミンEをたっぷりと含んでいるナッツ類は、血行不良を予防・緩和するときに推奨される食材です。アーモンドやくるみ、カシューナッツなどが挙げられます。

ビタミンやミネラルなど栄養が豊富で、疲労や倦怠感の回復効果も期待できるのがナッツ類の魅力。おやつ感覚に食べる習慣をつけてみましょう。

特に鉄分は貧血対策にもよく用いられる栄養素。食べ物を通して血流を促して、青クマに対処しましょう。

次回は、茶クマ解消をサポートする食材をご紹介致します。

関連記事

  1. エレクトロポレーションとは?

  2. 日焼けした肌に!

  3. 青クマに効果的な食べ物

  4. ターンオーバーを促進させるコツ

  5. お肌の曲がり角はいつから??

  6. 肌の老化の原因にアプローチ♪