質の良い睡眠で美肌力アップ!

こんにちは😃beauty salon Lino渋谷店です。

睡眠不足が引き起こすお肌の不調

睡眠と大きく関わっているのは、成長ホルモンです。

成長ホルモンとは、若返りホルモンとも言われ、身体の代謝機能に深く関わっています。

子供の時には分泌が盛んですが、大人になると分泌が年々減ってきます。 成長ホルモンが正常に分泌されていると、お肌や身体の調子が良く、集中力もアップします。

しかし、夜更かしをした次の日は、一日中だるかったり頭痛がしたり、頭がぼーっとしたり、体調がわるくなりますよね。

人間の身体は、夜寝ている間にお肌を含む身体全体を修復しています。

修復は血液を通して行われるのですが、起きて活動している日中は、血液のほとんどが脳に集中します。 そのため、肌には栄養が行き届きません。 寝ると血液は身体の各所に流れ始め、お肌にも栄養が行き渡るようになるのです。 きちんと身体が修復されていないと、お肌のターンオーバーが正常に行われず、角質が残りやすくなり、くすみ、しわ、しみ、吹き出物、乾燥といった肌トラブルが引き起こされてしまいます。

また、身体全体の血流がわるくなり、目の下のくまが目立ちやすくなってきます。

疲れがたまっている時こそ、十分な睡眠が必要です。

質の良い睡眠とは?

睡眠をとるといっても、ただ寝るだけでは効果は期待できません。

お肌のゴールデンタイム、ご存じですよね。 夜22時から午前2時を指しますが、一日のうちで成長ホルモンの分泌が最も盛んな時間帯で、その間に睡眠をとるのが美肌のルールと言われています。

更に、眠り始めの3時間のうちに成長ホルモンが多く分泌されることが分かってきています。しかし 寝る時間が毎日異なると、成長ホルモンがスムーズに分泌されなくなってしまいます。

22時に寝ようと無理をするよりも、この眠り始めの質を高めて、就寝時刻を一定させることのほうが大切です。

ちなみに、平日寝不足をして、週末寝だめしているようではお肌は美しくなりませんので、ご注意を!


関連記事

  1. 100%ヒト幹細胞美容液配合マスク

  2. ゆらぎ肌?の対策について

  3. ターンオーバーを整えて悩みの無いお肌に✨

  4. 27日(日)まで限定!当店大人気メニューが超お得(渋谷店限定…

  5. 美肌の基本は…

  6. クリスマスコフレ🎄数量限定販売スタート