紫外線が与える目のダメージとは?

こんにちは¨̮ )/beautysalonLino渋谷店です。今日は紫外線が与える目のダメージについてご紹介致します!

紫外線は顔や身体だけでなく、目にも大きなダメージを与えます。日中に長時間紫外線を浴び続けた目は充血し、さまざまな眼病のリスクを高めてしまう恐れがあるのです。また、紫外線によるダメージを受けた目はそのまま放置しておくと、年齢に伴う老化現象も相まって、将来的に目の手術が必要な状態になる可能性もあります。では、紫外線が目に与えるダメージとは、一体どのような症状なのでしょうか。
紫外線の悪い影響を受けた目の症状はさまざまです。たとえば、白目が隆起して黄色く変色する「瞼裂斑(けんれつはん)」は、角膜がダメージを受けることで充血や痛みを引き起こします。ゴミが目に入ったような違和感があり、充血した状態が続くでしょう。瞼裂斑以外にも、視界が歪みや部分的に暗くなる「黄斑変性症」や、レンズの役割を担う水晶体が白く濁る「白内障」、失明に至る可能性もある「緑内障」などといった病気を招きます。そのため、紫外線を多く浴びた日は、外出先から帰宅したあとに目を観察するなど、症状が軽いうちに目の異常を発見することが大切です。目の違和感が続くようであれば、早めに病院に行き、適切な処置を受けることが望ましいでしょう。
さらに、紫外線を浴び続けると、老眼を促進することにつながります。手元の細かい字が見えづらくなる老眼は、レンズの役割を担う水晶体が硬くなることが原因のひとつです。水晶体が硬くなる要因としては、紫外線による活性酸素の発生が大きな影響を及ぼしています。そのため、UVカットのサングラスや帽子、日傘などを使用して、日焼け対策をすることが大切です。

次回は、目の日焼けが肌の日焼けにつながることもあるというお話をさせていただきます!

関連記事

  1. 本日13日(土)の空き状況♪♪Lino渋谷店

  2. 1週間限定!ゲリラクーポンの予告です!!

  3. クマの種類別の特徴について

  4. 目の下のクマ解消をサポートする食材とは?黒クマ

  5. 元気なお肌に近づく秘訣♪

  6. 純生ヒト幹細胞配合フェイスマスク