スキンケアのポイントや注意点

こんにちは😃beauty salon Lino渋谷店です。今日は、クレンジング・洗顔・化粧水・乳液を主とするスキンケアの注意しておきたいポイントをご紹介します。少し意識するだけで、毛穴開きやたるみの改善に大きな効果が期待できるため、日々のケアにぜひ取り入れていきましょう。 

POINT1. 肌はゴシゴシこすらない

クレンジング・洗顔・化粧水・乳液など肌にケア用品を塗るときは、手で「ゴシゴシ」とこすらないようにしましょう。ゴシゴシと肌をこすってしまうと、摩擦で肌に負担をかけてしまいます。スキンケア用品は、優しく塗ることが大切です。特に洗顔フォームはしっかりと泡立て、優しく泡で洗うよう心がけましょう。 
せっかくよいスキンケア用品を使っていても、使い方が悪ければ期待する効果が得られないかもしれせん。肌への負担をなるべく減らすために、洗顔・タオルの拭き取り・保湿は「こすらず優しく」を意識しましょう。 


POINT2. ぬるま湯を使う

クレンジングや洗顔をするときは、ぬるま湯がおすすめです。熱すぎるお湯は肌の皮脂を過剰に取り過ぎてしまい、肌を乾燥させます。反対に、冷水では汚れをしっかりと落としきれません。ぬるま湯は毛穴を優しく開きクレンジングなどの洗浄成分を毛穴の奥底に浸透させるため、効果的に汚れを落としてくれます。 
またぬるま湯だけでなく、蒸しタオルなどで顔を温めても毛穴は開きやすくなるため、クレンジング前の一工程に取り入れてみるのもよいでしょう。汚れも落としやすくなる上に、リラックス効果も期待できます。 


POINT3. 保湿ケア後は顔を冷やして引き締める

保湿した後に顔を冷やすことで、開いた毛穴がキュッと引き締まります。毛穴が引き締まると、肌のキメが整いハリやたるみの改善にもつながるでしょう。 
冷やす方法として「保冷剤」を使っている方もいるかもしれません。しかし保冷剤は急激に冷やしすぎてしまい、肌トラブルを引き起こすおそれがあります。冷やしすぎは逆に肌に刺激となり皮脂の過剰分泌を招くため、適したケアとはいえません。 
そのため、保冷剤ではなく「冷たいタオル」や「冷やした化粧水」などで優しく顔を冷やしましょう。夏場などは、化粧水や化粧水パックを冷蔵庫に入れておくのもおすすめです。 


POINT4. 油分の多いクリームなどは調整して使う

クリームなどを使いすぎると、油分が毛穴に残ってしまうことがあります。乾燥が気になると油分の多いものを使ってしまいがちですが、毛穴に悩んでいる方は油分よりも水分を与えるスキンケアアイテムを意識して使うようにしましょう。 
また汗ばむ夏は油分を軽めに、乾燥しやすい冬は重めにするなど、季節やその時々の肌の調子に合わせて油分を調節することも大切です。 


POINT5. 洗顔しすぎに注意

汚れをしっかり落としたいからと洗顔やクレンジングをしすぎると、肌に過度の負担がかかり肌トラブルの原因となります。洗い過ぎが本来必要な皮脂や水分までも取り除いてしまい、肌トラブルのリスク因子である乾燥を引き起こすためです。 
特に敏感肌の方は肌の抵抗力が弱いため、より肌への負担が少ない「W洗顔不要」のスキンケア用品を選ぶとよいでしょう。朝晩に洗顔をする場合には、前の晩にどのようなスキンケアを行ったかによって洗顔フォームを使うか使わないかを決めるのが効果的です。 
前夜に油分の多いクリームを使ったなら、朝は洗顔フォームを使ってしっかり油分を落とさないと化粧水は浸透しません。一方肌の乾燥を感じる場合には、ぬるま湯のみの洗顔で十分でしょう。 

次回は頬のたるみ毛穴を引き締めるスキンケアアイテムを選ぶポイントをご紹介していきます。

関連記事

  1. 夏こそ美白ケアしたい!

  2. 高濃度炭酸パック

  3. スマートフォンや携帯電話を見ている時の乾燥感・疲れ目の対策♥…

  4. 目の下のクマ解消をサポートする食材とは?黒クマ

  5. 生プラセンタ配合ローション

  6. 内側から綺麗に・・・♡