ニキビの出来る原因は?

みなさんこんにちは⭐︎beautysalonLinoです。今日は多くの方がお悩みのニキビについてです。

「青春のシンボル」なんて言われる思春期のニキビも、大人のニキビも、ともにやっかいなものに違いはありません。やがて治る…と放っておくと、長引き、クレーターのように凹んだ「ニキビ痕」の原因になってしまうこともあります。きちんとケアして、なめらかなお肌を手に入れましょう。

通常、皮脂は毛穴から汗とともに排出されますが、ターンオーバーがうまくいかない場合、毛穴の角質が厚くなり、毛穴の出口が塞がれ、皮脂が詰まってしまいます。 そうすると、皮脂を栄養源にしている「アクネ菌」が過剰に繁殖し、炎症を起こして発疹ができる、つまりニキビとなります。

特に思春期に増加する男性ホルモン「アンドロゲン」には皮脂の分泌を高める性質があります。思春期にニキビの発生が多いのは、このせいなのです。
また、もともと脂性肌であったり、糖分・油分の多い食生活やストレスの増加などもホルモン分泌の異常や皮脂分泌の促進につながり、ニキビの発生、悪化の原因となってしまいます。

このように、ニキビの出来てしまう原因はいろいろありますが、明日は毎日のスキンケアやメイク、食事・睡眠など生活習慣のポイントについて分かりやすく解説します。


関連記事

  1. 新年の挨拶

  2. 新型コロナウイルス対策について

  3. 夏こそ美白ケアしたい!

  4. 自己流の毛穴ケアでかえって悪化

  5. 奇跡のクリーム♡

  6. 新型コロナウイルス対策について