女性ホルモンについて

皆様こんにちは⭐︎Beauty Salon Lino渋谷店です。

本日は、美容と健康にとても深い関係のある女性ホルモンについてお話します(^^)

女性ホルモンには大きく分けて、卵胞ホルモンのエストロゲンと、黄体ホルモンのプロゲステロンの2種類あります。

●エストロゲン→美のホルモンとも言われますが、美容面において様々な効果をもたらします。お肌や髪の潤いを保つ作用や、骨を丈夫にし自律神経を安定させストレスを軽減するなどの効果があります。

●プロゲステロンは子宮内膜を整えたり、基礎代謝を上昇させる働きなどがあり、生理前にカラダに変化が現れるのは、プロゲステロンの働きと言われています。

この2つの女性ホルモンの分泌が正常に行われないことを、ホルモンバランスが乱れている状態と言います。

ホルモンバランスが崩れると、お肌や髪のハリツヤがなくなるだけでなく、肌荒れやストレスがたまりやすくなったり、生理周期を乱す原因にもなります。

また女性ホルモンに良いと思ってやっていることが、逆効果の場合があります。

●大豆イソフラボンの摂りすぎ

大豆イソフラボンはエストロゲンと似た働きをすると言われていますが、外部から摂取する前に自分の力でホルモンを分泌することが大切です。

大豆イソフラボンを摂りすぎることで受容体が勘違いをして、女性ホルモンを分泌する力が弱まる可能性もあっるようです。

●女性ホルモンを増やす為にお肉のホルモンを食べる

お肉のホルモンには女性ホルモンを作るタンパク質が含まれます。

ただ、大豆イソフラボン同様、自らの力でホルモンを分泌しなければ意味がありません。

●大好きな甘いものを我慢する

スイーツなどの甘いものを食べすぎることは良くないですが、甘いもの好きの方が我慢しすぎるのも良くありません。

少量の大好きな甘いものを食べることにより、セロトニンと言う幸せホルモンが作用し、ストレスの削減ややる気に繋がります。

そこで女性ホルモンを保つために、規則正しい生活、バランスの取れた食事、軽い運動やストレッチをする、ストレスカラダを冷やさない、ストレスを溜めない、ドキドキやわくわくを感じることが重要です。

中でもドキドキやわくわくを感じると、ドーパミンが大量に分泌されます。

ドーパミンの分泌はエストロゲンにも良い影響があるので、日々の生活の中で積極的に感じたいですね♪♪

当店お客様・スタッフが大絶賛!!スキンケアシリーズはこちらhttps://beautysalonlino.stores.jp/

関連記事

  1. 手で押さえるように付けるのがおすすめです!

  2. 夏本番!7月のスキンケアはここを気をつけましょう♪♪

  3. 黒くま(目元のたるみ)の原因

  4. 美肌に欠かせないのはビタミン

  5. 目のクマ改善方法★

  6. 10年後のタバコ顔がイヤなら禁煙を!!タバコが与える肌への影…