10年後のタバコ顔がイヤなら禁煙を!!タバコが与える肌への影響

こんにちは!Beauty Salon Lino渋谷店です。

本日は、タバコが与える肌への影響についてお話させていただきます(^^)

近年、禁煙ブームとは言ってもまだまだタバコを吸っている方は多いのではないでしょうか。

しかし!!喫煙を続けていると身体の中だけではなく肌にも影響を与え、「タバコ顔」になってしまうかもしれないとしたらどうでしょうか(><)

【タバコ顔の特徴】

・シワやしみが目立つ

・唇や口元のシワが目立つ

・目元のシワ

・上瞼や下瞼のたるみ、クマが目立つ

・肌の弾力がなくなる

・頬がこけ、やつれて見える

・肌トラブルが多い

・ほうれい線が深くなる

・肌が黄ばみ唇は黒っぽくなる

・あごがたるむ

・白髪が増える

●タバコ顔になる原因

タバコの美容にかかわる害の中でも大きな影響が出るといわれているのが肌です!!

タバコを吸うことで発生した活性酸素を除去するために、大量のビタミンCが消費されてしまうことも分かっています。ビタミンCの欠乏によってコラーゲンの生成を妨げ、免疫力を低下させてしまうことで肌へ悪影響を与えてしまうと考えられています。

また、タバコの害は肌だけでなく髪や口腔、歯にも及びます。血行が悪くなることで髪が生えにくくなり、薄毛や抜け毛を招いたり、口腔内では歯周病や口腔がんになるリスクを高めたりする可能性もあるんです!!

●未来のお肌を綺麗に保つために

タバコの害を減らし、「タバコ顔」にならないようにするためには「禁煙」するのが一番です。タバコ顔の原因であるタバコ自体をやめてしまえば、有害物質を体内に取り込むことが少なくなり、すこやかな肌を維持することも可能になるでしょう。

すでにタバコ顔になってしまっている人でも、肌は一定周期で生まれ変わっているため、禁煙することで肌の改善が期待できます。禁煙と同時に、十分にビタミンCを補うことでも肌の状態をよくすることができます♩♩

スタッフ、お客様大絶賛!!超高濃度ビタミンC美容液はこちら↓↓https://beautysalonlino.stores.jp/

関連記事

  1. 小顔筋膜デコルテ新メニュー

  2. プラセンタクレンジング

  3. ニキビ肌のスキンケアのポイント

  4. 夏こそ美白ケアしたい!

  5. 一度で効果を実感するパック

  6. 頬のたるみ毛穴を引き締めるスキンケアアイテムを選ぶポイント